事業紹介

これからの時代はデータ活用がビジネスを変えていく!

ITの進化による情報の爆発で、データ量は全世界の海岸にある砂の量ほどに!

近年のスマートフォン、タブレットなどの多機能端末の登場と、TwitterやFacebook、ポイントや電子マネー、音声・画像、動画、位置情報などのIT技術の進歩により私たちの暮らしは一変しました。今後さらにAIの時代が訪れ産業構造を大きく変えていくと考えられます。

ITの進化による情報の爆発で、データ量は全世界の海岸にある砂の量ほどに!

近年、スマートフォン・タブレットなどの多機能端末の登場やツイッター・フェイスブックなどのSNS、ポイントや電子マネー、音声、画像、動画、位置情報などさらなるIT技術の進化により、データ量は全世界の海岸にある砂の量ほどもあると言われています。

ITの進化による情報の爆発で、データ量は全世界の海岸にある砂の量ほどに!

平成27年度 総務省「ビッグデータの流通量の推計及びビッグデータの活用実態に関する調査研究」によると2014年のデータ量は約14.5エクサバイトと、ここ約9年ほどでデータ流通量は約9.3倍にもなっています。

ビッグデータを分析してビジネスにどう活かすか?

AI時代の到来はすぐそこまで迫ってきていますが、自社でAIを活用するには、データが蓄積・整備され、データの意味付けがされていないことには、AIを活かすことができません。まずはデータを正しく理解・分析し、使いこなすことができる組織へと変わる必要があります。

ビッグデータを分析してビジネスにどう活かすか?

データ需要の高まりと共に、様々な業種でのデータ活用が広がりを見せている現在、ビッグデータは新たなビジネス資源となっています。

平成26年度 総務省「情報通信白書」によると、ビッグデータの活用により、2012年の国内全産業の売上効果は60.9兆円におよび、全産業の売上高(1335.5兆円)の4.6%がデータ活用の効果だと発表しました。

さらに、50%以上の企業が売上向上や付加価値向上、顧客満足度向上に効果があったと回答しているように、データ活用の重要性は今後もさらに加速して行くことが予想されます。

新たな経営資源。ビッグデータがもたらす3つの価値

新たな経営資源。ビッグデータがもたらす3つの価値

ビッグデータが企業にもたらす「価値」とは何でしょうか?
まず1つ目の価値は「見える化」。自社外の人や物などのあらゆるデータを「見える化」し、分析することで今まで見えなかった新たな市場やユーザーのニーズ、経営状況など様々な情報が見えてきます。
2つ目の価値は「創造」。それらの見えてきた様々な情報を活用し、新たなビジネスモデルの構築や生産性向上や業務効率化の実現など、自社ビジネスに大きな変化をもたらします。
3つ目の価値は「予測」。現状分析やリアルタイム分析の他、中長期先の「需要予測」が可能となります。それらの分析をもとに、ユーザーに新たなサービスを提供したり、サービスの質の向上を図ることで、より他社との競争優位に立つことができます。

ビッグデータを企業がビジネス資源として有効活用することで、これら「3つの価値」をもたらし、ビジネスをより進化させることができるのではないでしょうか。そして、このような”ビッグデータ”はあなたの会社にも様々な形で存在しています。

Tableau Desktop トライアルサービス実施中!まずは2週間無料お試し!